余韻を考えてみよう

ホーム » 余韻を考えてみよう

昔は現在のようなデジタルリバーブ等はありませんでした。だからリバーブ感やエコーが無かったかと言うとそうではありませんでした。

クラッシックの時代、演奏は石の建物の中で行われました。プレスリーは階段で録音しました。Capitolレコードはレス・ポールの設計の下、大きなエコーチェンバーを自社ビルの地下に造りました。

モノラルレコーディングの時代は、歌手がマイクから少し離れて先頭に、バンドがその後方にバランスよく配置されました。現在では歌手だけをオンマイクで録りますが、これでは余韻感が付きません。バンドとの距離は音量だけでなく、空間を感じさせる余韻感だったのです。

カテゴリー: 歌い方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です