ボイストレーナー紹介

加納伸也(かのうしんや)

 宮崎県生まれ。12才よりアレンジや作曲を学ぶ。18才で蒲生利幸氏に師事、ラテンバンドや自己のカルテット、ビッグバンドで演奏。


 1979年からニューヨークで音楽、バンド活動を経て、レコーディングスタジオでプリプロダクション、ディレクター、アレンジャーとして活躍、自己のプロダクションStar Peopleで数々の洋楽作品を発表、ジャズからヒップホップ、ラップまでブラックミュージックを中心とした制作を行う。


 請われて日本人シンガーのプロデュースを開始するが、海外アーティストとの大きな歌唱力の差に愕然とし、歌唱法の開発に着手、苦心の末5オクターブが誰でも歌えるというネオマジオ歌唱法を開発する。


 また日本語と英語の発声の違いに着目して、言葉を大事にした独自の説明で、今までに無くシステム化されて分かりやすいボイストレーニング方法を提唱する。


 ジャズ研究家・法政大学教授若山邦紘氏やジャズの大御所沢田靖司氏、音声学の栗本繁雄氏、イタリアオペラトレーナーの甚目裕夫氏等各界の音楽家、研究者らの絶大な評価を得る。現在日本でのネオマジオボイストレーニングシステムの本格的な普及に奔走中。

作品、制作

 自己のプロデュース作品にはColumbia/Def JamからアフリカバンバータのTashan のChasin’a dream, Beleza/Tribute to Antonio C. Jobim等の代表作を始め、ジャズピアニストの菊池雅章氏とのヒップホップ・ジャズでの共演やマイルス・ディビスのほとんどのメンバーとの録音作品がある。

cd.gif


 この他エンジニア、マスタリングエンジニアとしても1000曲以上の楽曲を手がける。この間の録音、共演したニューヨークのミュージシャンは1000人以上を超える。


仕事仲間

これまでに一緒に仕事をした主なミュージシャン:()はミュージシャンが所属したバンド:

ポールペスコ(マドンナ)、デルマーブラウン(クインシージョーンズ)、アダムホルツマン(マイルスディビス)、ジムホール、J.T.ルイス(ホイットニーヒューストン)、デニスチェンバース(ファンカデリックス)、レイコーヒン(フランクシナトラ)、ハイラムブロック、菊池雅章、ガブリエラアンダース(ベレーザ)、他1,000名以上

これまでの主なレコード会社、その他:

デフジャム、CBSコロンビア、ポニーキャニオン、アミューズ、ビクターエンターテインメンツ、パイオニア、パイオニアLDC、カルチャーコンビニエンスクラブ、他

FingerUp.gif

そこには出会いがあって

 氏は元々トランペッターですが、ある日とんでもないトランペットの教則本に出会います。


 前歯を全部折るというトランペッターとしては致命傷とも言える事故に会ったLouis Maggio (ルイ・マジオ)という人が、試行錯誤の上に生み出した新しい金管楽器奏法の教則本でした。

 そこには1ページ目から、トランペットの音域外の音が書いてありました。その日から氏はその教則本と格闘する事になりました。


 それから年月が流れ、プロデューサーとして歌手の指導に当たることになった時に、皆の歌い方の問題と、トランペットの奏法で悩んでいた昔の自分の問題が同じようなことに気がつきました。それでマジオの考えを歌に取り入れたのが、氏の開発したNeoMaggio歌唱法です。

077.jpg


 氏もこの理論に自ら従い歌の勉強を始めると、驚いたことにピアノのほとんど全部の音域が歌えるようになり、音程や息はまったく気にならなくなり、声の響きや言葉までが美しくなっていくのが分かりました。

 そこで皆さんにもNeoMaggio歌唱法を普及させていこうと考え、歌の本格的な指導に当たることになりました。